特定健診とは

40歳から74歳のすべての方が対象になります。
75歳以上の方は、後期高齢者医療制度で健診を受けることができます。
   
死因の3割が、心疾患と脳血管障害といわれます。
内臓脂肪を減らすことで、これらの病気の発症をおさえられることが明らかになってきました。
   
今までは”病気を早期発見するための健診”でしたが、これからは、”生活習慣病の予防の健診”となり、 内臓脂肪がベースになっておこるメタボリックシンドロームを見つけ出す健診に変わります。

この機会に、生活習慣を見直し、いつまでも健康な生活を送るためにも、まずは特定健診を受診しましょう。