一般財団法人岐阜健康管理センター
わかりやすく健診をナビゲート 施設案内をご覧いただけます 財団概要をご覧いただけます 求人案内をご覧いただけます リンク集をご覧いただけます
トップページに移動します 健康コラムをご覧いただけます 診療棟・診療時間のご案内 政府管掌健康保険のご案内 健康診断のご案内 人間ドックのご案内 婦人科検診のご案内 特定健診・特定保健指導のご案内
 HOME > 健康コラム

腫瘍マーカについて

印刷用のPDFはこちら

腫瘍マーカーとは?

体のどこかに腫瘍ができると、血液中や排泄物中に、たんぱく質や酵素、ホルモンなどの特別な物質が増えてきます。それが、腫瘍マーカーです。
腫瘍の種類や発症部位に特有の物質と、そうでないものがあります。それを検出するのが腫瘍マーカー検査で、腫瘍の発生やその種類、進行度などを判断する手がかりになります。


腫瘍マーカーの種類

現在、数多くの腫瘍マーカーがあります。
臨床の場で活用されている腫瘍マーカーを下記に示します。


腫瘍マーカーの役割について 

腫瘍マーカー検査の多くは血液検査から簡便に行えます。そのため、この結果を基に、必要に応じて診断を確定するための検査を行うきっかけとするのに有効な検査です。
しかし、腫瘍マーカーの数値が高いからといって、腫瘍が確実に存在するわけではありません。また、それだけで腫瘍が良性か悪性かの判断はできず、どの臓器に腫瘍ができたかも判断することはできません。そのため、腫瘍マーカー検査は各種検査の補助手段として利用されたり、治療効果の判定に用いられるのが一般的です。


腫瘍マーカーが異常値を示したら・・・

腫瘍マーカーの基準値は、多くの人の測定値をもとに決められています。そのため、中にはがんが存在していなくても腫瘍マーカーが上昇している人や、がんが存在していても腫瘍マーカーが上昇しない人がいるように、正確にがんの動きを反映しているわけではありません。
そのため、健診等で腫瘍マーカーが基準値を超えていたからといって、必ずしもがんが存在しているとは限らないのです。腫瘍マーカーで「要精密検査」という結果が返ってきたら、まずは病院に受診し、精密検査を受けましょう。そこで、血液検査やレントゲン、CT、超音波検査などの検査を行い、診断がつきます。


当センターで検査している腫瘍マーカー

*基準値は人間ドック学会の基準に準じ当センターで設けた基準です。
  男性は、CA19-9、CEA、CYFRA(シフラ)、AFP、PSA
  女性は、CA19-9、CEA、CYFRA(シフラ)、AFP、CA125
各5項目が当健診センターでの健診オプションの腫瘍マーカーの検査項目です。(料金¥8,400)
上記以外の項目をご希望の方は、受付までお申し出ください。

CA19-9
基準値 37 U/ml以下
主な疾患 消化器がんの中でも、とくにすい臓がんに特異性が高い腫瘍マーカーです。
胆道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、肺がん、乳がん、卵巣がんなどでも高値を示します。
糖尿病、慢性肝炎、胆石症、胆のう炎、慢性膵炎、子宮筋腫、両性卵巣腫瘍などでも陽性となることがあります。

CEA
基準値 5.0ng/ml以下
主な疾患 胃がんや大腸がんの腫瘍マーカーとして知られてます。
CEAは胎児の消化器細胞だけにあるタンパクの一種ですが、がん細胞が増殖している組織内からも作り出されます。消化器系がんのスクリーニング検査として広く用いられ、また、がん治療後の経過観察、再発や転移の早期発見にも重要になるため、2〜3ヶ月に1回、測定します。
健康な人でも約3%の人は基準値を超える場合があるとされており、高齢や喫煙でも上昇する傾向があります。
注意点 消化器系がん以外のがんでも広く陽性を示す反面、臓器特異性は低いので、この検査だけでは診断できません。また、陽性になるのは進行がんが多く、早期がんの診断には適しません。

CYFRA(シフラ)
基準値 3.5 ng/ml以下
主な疾患 肺がんのうち扁平上皮がん、腺がん、大細胞がんなどの非小細胞がんで陽性率が高く、病気の診断、経過や治療成績の判定に役立ちます。
卵巣がん、乳がんでも陽性を示します。

AFP
基準値 10 ng/ml以下
主な疾患 肝臓がんの検査に用いられます。
胃がん・すい臓がん・大腸がんなどでも高値を示します。
AFPが基準値以上を示したら第一に肝臓がんを疑い、肝臓がんで陽性を示す他の腫瘍マーカーを測定したり、腹部超音波検査や腹部CT検査を行って確定診断をします。
肝臓がんの多くは肝硬変から移行することが多いため、肝硬変の経過観察において定期的にAFPをチェックすることがあります。

CA125
基準値 35U/ml以下
主な疾患 婦人科系疾患、特に卵巣がんの検査に用いられます。
乳がん・すい臓がん・肺がん・大腸がんなどでも高値を示します。
子宮内膜症、両性卵巣腫瘍、子宮筋腫、肝硬変、急性膵炎でも陽性を示す。
がんの進行とともに陽性率・測定値ともに上昇するため、治療効果の判定や再発予測にも用いられます。
妊娠初期や月経時・閉経時などに一過性の上昇がみられます。採血時には、こういった日を避けるよう注意してください。

PSA
基準値 4.0ng/ml以下
主な疾患 加齢とともに上昇するため、4.0〜10.0ng/mlがグレーゾーンとされています。
主な疾患 前立腺に特異的にみられる腫瘍マーカーで、前立腺がんが疑われるとき、まず行われるスクリーニング検査として位置づけられています。
PSAは前立腺がんだけでなく、前立腺肥大症でも血中濃度が上昇するので、3つの方法での鑑別が行われています。ひとつは、経時的な観察で、1年間に0.75ng/ml以上の上昇では前立腺がんの確立が高くなります。
前立腺がん、前立腺肥大症が疑われます。また、前立腺組織が大きいほど、PSAも高値になります。まず、肛門から指を入れる直腸診で前立腺の状態を調べ、経直腸的超音波検査などを行い、がんが疑われたら、組織片を調べる前立腺生検で確定診断をします。

 

腫瘍マーカー以外で採血からできるがん検診は?

ペプシノゲン検査
基準値 陰性(―)
主な疾患 胃がんの検査に用いられます。
血液検査で行えるため、身体の負担が少なく、バリウムや胃カメラを行う時間がない人には、受けやすい検査です。
胃がんの多くは胃の粘膜が萎縮して(萎縮性胃炎)発症すると考えられています。ペプシノゲン検査にて血液中のペプシノゲンが減少していれば、胃の粘膜の萎縮が進んでいることがわかります。ペプシノゲン検査で陽性と判定されたら、胃の粘膜の萎縮が疑われるので、胃カメラなどの詳しい検査が必要です。
料金 3,360円(当健診センターでの健診オプションの料金です)

 

 

 

 

印刷用のPDFはこちら

 
このサイトについて 個人情報保護方針 個人情報の開示について お問い合わせ