一般財団法人岐阜健康管理センター
わかりやすく健診をナビゲート 施設案内をご覧いただけます 財団概要をご覧いただけます 求人案内をご覧いただけます リンク集をご覧いただけます
トップページに移動します 健康コラムをご覧いただけます 診療棟・診療時間のご案内 政府管掌健康保険のご案内 健康診断のご案内 人間ドックのご案内 婦人科検診のご案内 特定健診・特定保健指導のご案内
 HOME > 健康コラム

9月は「がん抑圧月間」です。

印刷用のPDFはこちら

2009年にがんで死亡した人は全国で34万4105人。
死亡数を部位別に見てみると下の表1のようになっています。
大腸がんはがんの中でも死亡原因の上位を示しますが、早期に発見すればほぼ100%完治して助かります。また、早期に発見するために、がん検診が重要となります。そこで、今回はこの大腸がんについてご説明させていただきます。
<表1>
  1位 2位 3位 4位 5位  
男性 肝臓 結腸 すい臓 結腸と直腸を合わせた大腸は4位
女性 結腸 すい臓 乳房 結腸と直腸を合わせた
                         参照:2009国立がんセンターHPがん情報サービス最新がん統計

 

大腸がんの特徴

大腸がんと一言で言っても、
直腸がんと結腸がんの2つがあります。

<大腸がんを自覚する最も重要な初期症状>
*ほとんど自覚症状がないことが多い
●肛門からの出血 → 比較的鮮血に近い状態
●便に血液が付着して発見される(血便)→ どす黒い便で血液の臭いがすることもある。
※便の中に混じって肉眼ではとらえにくい場合もある
●しばしば粘液が肛門から出ることもある

<がんが進むと・・・>
●病巣・腫瘍が大きくなり、直腸の広さが狭くなると、腹痛あるいは肛門やおしりのほっぺた(でん部)辺りに「ぱぁっ」と広がっていくような(放散する)痛みを感じる人が多い。
●慢性の腹痛
●悪臭がある腐敗性のものが便と一緒に出るようになる
●便が細くなる
●下痢と度重なる便意が繰り返し起きる
●排便したにもかかわらず残便感が残る

<便潜血反応による大腸がん検診で陽性になったら・・・>
   以下のいずれかの精密検査を受け、状態の確認をしましょう。

                        

1.大腸内視鏡検査

長所
@ 注腸造影検査(バリウム検査)より精度が高い。
A 大腸ポリープがあったら、その場で切除して治療できる。
B 異常所見があったら、組織や細胞をつまんで顕微鏡で調べることができる。
C 放射線被ばくがないため、妊娠の可能性がある女性でも検査を受けることができる。

短所
@ 多量の下剤を飲み、大腸の洗浄を行ってから検査するため、検査後お腹が張った感じ(腹部膨満感)が出ることがある。
A カメラを肛門から挿入するため、挿入時に痛みが発生する場合がある。
B 大腸に直接カメラを挿入するため、稀に穿孔してしまうことがある。

 

2.注腸造影(バリウムによるエックス線検査)

長所
@ 昔からある検査なので、たいていの病院でも受けることができる。
A 大腸の全体像が把握できる。
B 内視鏡が入らない場合でもそれより奥の大腸の情報が分かる。

短所
@ 放射線被ばくがあるため、妊娠の可能性がある女性は受けることができない。
A 検査中左右にゴロゴロ体を動かす必要があるので高齢者は大変。
B 検査の結果ポリープやがんなどが疑われた場合、再度大腸内視鏡を受けることになる。
C 便を大腸ポリープと誤認することが多く、再度大腸内視鏡検査が必要となる。

 

3.大腸CT検査(CTコロノグラフィー)

長所
@ 検査前食が専用の普通食(大腸CT用検査食・・・親子丼等)
A 多量の下剤の飲用がいらず、少量のバリウムと下剤を服用するのみ。
B 短時間の検査(10分)であり、炭酸ガスを用いた検査のため検査後に腹部膨満感があまりない。(軽減される)
C 複数の医師による読影が可能
D 大腸内視鏡の挿入が困難な方でも検査が容易
E 他の大腸検査で問題となる大腸穿孔や出血などがほとんどない。

短所
@ 組織の採取ができないので、異常が指摘された場合は再度、大腸内視鏡を受ける必要がある。
A 放射線被ばくがあるため、妊娠の可能性がある女性は受けることができない。
B 全国的には普及率が低い。
C 検査料金が3万円程度である。

 

肛門からの出血や痔、腸のちょっとした炎症などでも、
便潜血が陽性になることがあります。
便潜血反応の結果だけではどのような状態にあるのか分からないため、
必ず二次検査を受けましょう!


大腸CT(コロノグラフィー)について、
興味のある方は当センターにご連絡ください。

財団法人 岐阜健康管理センター
〒505-0046 美濃加茂市西町1−292
保健師直通ダイヤル
0574-25-5692

印刷用のPDFはこちら

 
このサイトについて 個人情報保護方針 個人情報の開示について お問い合わせ