ご挨拶

 現代は治療ではなく、予防の時代です。
 日本は、世界有数の長寿国になったとはいえ、生活習慣病の増加にあらわれているように、日常における健康管理の重要性がますます高まっている時代です。生活習慣病を防ぎ、すべての国民が健やかに心豊かに暮らしていくには、早期発見・早期治療という従来の対策にとどまるのではなく、「予防」という観点から健康教育からなる健康管理が見直さなければなりません。
 そうした予防医学に関わることの責任の重さを感じながら、さまざまな保健事業を展開しているのが私たち一般財団法人岐阜健康管理センターであります。
 平成13年には「労働衛生サービス機能評価機構」認定機関になり、平成18年2月にはプライバシーマーク認定機関となりました。そして、平成18年4月より「政府管掌健康保険(現:全国健康保険協会管掌健康保険)の生活習慣病予防健診」実施機関となりました。今まで以上に正確かつ精密な各種健診・検査の実施に心がけ、"まごころのこもった健康診断"の提供に心がけて参ります。

代表理事 美濃輪 博英