財団法人岐阜健康管理センター
わかりやすく健診をナビゲート 施設案内をご覧いただけます 財団概要をご覧いただけます 求人案内をご覧いただけます リンク集をご覧いただけます
トップページに移動します 健康コラムをご覧いただけます 診療棟・診療時間のご案内 政府管掌健康保険のご案内 健康診断のご案内 人間ドックのご案内 婦人科検診のご案内 特定健診・特定保健指導のご案内
 HOME > 健康コラム

脱・メタボリックシンドローム

印刷用のPDFはこちら

「メタボリックシンドローム」とは

内臓脂肪による肥満の人が、「糖尿病」「高血圧」「高脂血症」といった生活習慣病になる危険因子を併せもっている状態のことです。これらの危険因子は、それぞれ1つだけでも動脈硬化を招きますが、複数重なることで動脈硬化を急速に進行させ、心臓病や脳卒中などの命に関わる病気を引き起こします。

 

原因は?

内臓脂肪が蓄積する原因は「過栄養」と「運動不足」です。長年、培ってきた不健康な生活習慣が、メタボリックシンドロームを作り出しています。

 

まずは、自分がメタボリックシンドロームに当てはまるかチェックしてみましょう!!

メタボリックシンドロームに当てはまらない人でも、BMIが25以上の人は減量の必要があります。

 

自分の値を入れてみましょう!!  ()内青字は正常値です。

1 腹囲   p(男性85cm未満、女性90cm未満
  BMI   (25未満)
2 中性脂肪   r/dl (150r/dl未満)
  HDLコレステロール   r/dl (40r/dl以上)
3 血圧   mmHg (130 mmHg未満、85 mmHg未満)
4 空腹時血糖値   r/dl (110r/dl未満)  

 

あなたはメタボリックシンドロームに該当していましたか?? 

 

肥満はなぜいけないの?

肥満とは,「摂取エネルギーに対して運動不足などによる消費エネルギーが少ないことにより、体に必要以上の脂肪細胞が溜まった状態」です。とくに内臓脂肪の蓄積は、動脈硬化の大きな要因となり、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を引き起こすといわれています。

 

内臓脂肪型肥満はなぜ危険?

肥満は大きく分けて、内臓に脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」と、主に下半身に脂肪がつく「皮下脂肪型肥満」があります。このうち内臓脂肪型肥満は、メタボリックシンドロームになりやすく、特に危険な肥満といえます。その理由は、内臓脂肪が増えすぎると脂肪細胞から分泌された「アディポサイトカイン」という物質が分泌異常を起こし、動脈硬化を促進させる働きをするからです。

 

内臓脂肪の見分け方

内臓脂肪の見分け方
(1)ウエスト
立ったままでへその位置で、
ウエスト 男性85p以上、
      女性90cm以上

(2)おなかの脂肪をつまんでみる
しっかりつまめる場合は皮下脂肪、おなかが出ているのにつまみにくい場合は内臓脂肪がたまっている危険性大。

(3)ウエスト/ヒップ比
1.0以上は要注意

 

BMIであなたの肥満度をチェックしてみましょう!

BMIは体重と身長のバランスと病気のリスクの関係を分析したものです。
BMI=22にあたる体重が最も病気にかかりにくい適正体重といわれています。

体重(s)÷身長(m)÷身長(m)=  BMI
体重(s)÷   (m)÷   (m)=   

やせ 正常域 肥満
18.5未満 18.5〜25.0未満 25.0以上

 

また、あなたの適正体重は…

身長(m)×身長(m)×22=適正体重(s)
   (m)×     (m)×22=        s

 

メタボ脱出をするために!!

内臓脂肪を減らすと、インスリンの効きがよくなります。内臓脂肪は皮下脂肪と違って、減りやすい脂肪です。内臓脂肪型肥満の人が5%くらい減量すると、検査数値が改善することがわかっています。

例:70kgの方なら70kg×0.05=3.5kg
  約4kgの減量がメタボ改善につながります。

 

あなたは、何sになりたいですか?

まずは、最終目標と短期目標を設定しましょう。
減量効果が出てくるのは2〜3か月後です。減量の仕方は2か月ごとに見直すと効果的です。最終的になりたい体重と、短期目標としてまず、3か月後に目指す体重の設定しましょう。

最終目標体重   kg          短期目標体重(3か月後)   kg

 

次回からは、メタボリックシンドローム改善のための、体重の減らし方のコツ、脂質・塩分・たんぱく質・野菜・間食・アルコール・運動について順次、掲載いたします。

印刷用のPDFはこちら

 
このサイトについて 個人情報保護方針 個人情報の開示について お問い合わせ