一般財団法人岐阜健康管理センター
わかりやすく健診をナビゲート 施設案内をご覧いただけます 財団概要をご覧いただけます 求人案内をご覧いただけます リンク集をご覧いただけます
トップページに移動します 健康コラムをご覧いただけます 診療棟・診療時間のご案内 政府管掌健康保険のご案内 健康診断のご案内 人間ドックのご案内 婦人科検診のご案内 特定健診・特定保健指導のご案内
 HOME > 健康コラム

加齢黄斑変性

印刷用のPDFはこちら

齢黄斑変性とは?

加齢により網膜の中心にある黄斑に障害が生じ、視機能(視力や視野)が低下してくる病気です。加齢黄斑変性は欧米では失明原因の第1位となっていますが、日本では馴染みのない病名です。しかし、日本でも高齢化と生活の欧米化により近年増加傾向にあり、失明原因の第4位となっています。50歳以上の人の約1%にみられ、患者さんのほとんどは60歳以上で、女性より男性に多い特徴があります。

黄斑とは?

黄斑は網膜のほぼ中心にある直径1.5〜2o程度の小さな部分で、他の部分の網膜に比べて視機能が格段によく、物を見る要の部分です。新聞を読むとき、読み取る文字は常に視野の中央の黄斑で読まれていて、そこから数文字でも外れたところにある文字は、相当読みづらいものです。(図1、図2)
黄斑の中央、直径0.2〜0.35oにあたる中心窩は、とくに視機能が鋭敏な一点です。視力検査でいう「視力」とは、中心窩の視力のことです。眼底の病気の治療は、この中心窩の機能をどれだけ回復・維持できるかが大きなポイントです。

図1.目の構造 図2.黄斑と中心窩

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。 

 

加齢黄斑変性の分類

加齢黄斑変性には萎縮型滲出型の2つの種類があります。

(1)萎縮型
黄斑の組織が加齢とともに萎縮してくるタイプです。病気の進行は遅く、萎縮部分が拡大して中心窩にかからない限り、高度の視力障害には至りません。ただし、萎縮型から滲出型へ変化することもあるので定期的に通院することが大切です。(図3)

(2)滲出型
健康状態では存在しない新生血管と呼ばれる異常な血管が、黄斑の脈絡膜(網膜より外側に位置し、血管が豊富な膜)から発生し、網膜側に伸びてくるタイプです。新生血管の血管壁は大変もろいために、血液が黄斑組織内に滲出し、黄斑機能を障害します。
萎縮型よりも進行が早く、新生血管の成長とそこからの出血や滲出物により、視力低下や変視症(物がゆがんで見える)、中央の視野が欠ける、などの症状が悪化していきます。
新生血管はある時期がくれば活動を停止します。ところがそのときにはすでに黄斑の網膜組織は破壊されていて、永続的に高度の視力障害(矯正視力で0.1以下)が残ってしまいます。(図4)

図3.眼底写真でみる網膜の萎縮巣 図4.眼底写真でみる網膜の出血

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

 

症状

(1)変視症
網膜の腫れや網膜の下に液体が溜まると網膜がゆがみます。ゆがんだフィルムで写すとゆがんで写るように、ゆがんだ網膜で見るとものがゆがんで見えます。黄斑部は障害されますが、周辺部は障害されませんので、中心部はゆがんで見えますが、周辺部は正しく見えます。(図5)

(2)視力低下・中心暗点
さらに黄斑部の網膜が障害されると、真ん中が見えなくなり(中心暗点)、視力が低下します。視力低下が進行すると運転免許の更新や字を読んだりすることができなくなります。通常、視力低下は徐々に進行し、治療をしなければ多くの患者さんで視力が0.1以下になります。網膜下に大きな出血が起こると突然、著しい視力低下が起こることがあります。萎縮型と比べると滲出型のほうが進行が早く、視力悪化も重症な例が多いです。(図6)

(3)色覚異常
症状が進んでいると色がわからなくなってきます。

図5.視野のゆがみ 図6.視野のゆがみと中心暗点

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。 

 

検査

加齢黄斑変性を診断するには、眼底検査や造影検査などの詳しい検査が必要です。

(1)視力検査:他の目の検査と同様に視力検査は重要な検査です。加齢黄斑変性では視力低下が起こります。

(2)アムスラー検査:碁盤の目のような(方眼紙のような)図を見てもらい、格子のゆがみを調べる検査です。変視症を早くから検出することができ、自宅でもできます。(片目ずつ検査をする必要があります)(図7)

(3)眼底検査:網膜に出血や新生血管がないか詳しく観察する検査です。

(4)造影検査:静脈から造影剤を注入した新生血管などの状態を詳しく調べる検査です。

(5)光干渉断層計:網膜の断面を調べる検査で、網膜やその下の新生血管などの状態を立体的に把握することができます。短時間に検査ができ、造影剤を使わないので患者さんに負担が少ない検査です。

図7.アムスラー検査

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。 

 

治療

1)萎縮型の加齢黄斑変性
現在のところ治療方法はありません。

2)滲出型の加齢黄斑変性
滲出型にはいくつかの治療方法があります。治療の目的は脈絡膜新生血管の拡大を抑え、退縮させ、視力を維持あるいは改善することです。視力が良くなることもありますが、視力が正常になることはほとんどありません。

(1)光線力学的療法(図8)
光感受性物質を点滴し、その後に非常に弱い出力のレーザーを病変に照射する方法です。治療後48時間は強い光に当たると光過敏症などの合併症が起こることがあるため注意が必要です。光線力学的療法は必ずしも一度で終了するとは限りません。3ヵ月ごとに造影検査を含めた詳しい検査を行い再治療を行うかどうか決めます。
図8.光線力学的療法

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。 

(2)抗血管新生薬による治療
脈絡膜新生血管の発生には血管内皮増殖因子(VEGF)が大きく関係していると考えられており、VEGFを阻害することにより脈絡膜新生血管を退縮させる治療法です。点眼麻酔の後、抗血管新生薬眼球内に注射します。薬は眼球内にしばらくとどまり、効果が数時間持続します。6週あるいは4週ごとに少なくとも3回、その後も必要に応じて注射を繰り返します。

(3)レーザー凝固
脈絡膜新生血管が黄斑の中心から離れた場所にある場合には強い出力のレーザー光線で病変を凝固し、破壊することがあります。病変が黄斑の中心に及んでいる場合にレーザー凝固すると黄斑も障害されることになり、著しい視力低下になりますので、レーザー凝固を行うことはほとんどありません。

予防

(1)禁煙
喫煙している人はしていない人に比べて、加齢黄斑変性になる危険性が高いことがわかっています。喫煙している人には禁煙が勧められます。

(2)抗酸化ビタミンと亜鉛
ビタミンCビタミンE,βカロチン、亜鉛などを大量に摂取すると加齢黄斑変性の発症が少なくなることがわかっています。亜鉛が豊富な食材(カキなど)や新鮮な濃緑色野菜をなるべく多く食べるようにしましょう。また、ほうれん草やケールに含まれているルテインも有効ですし青魚に多いω―3脂肪酸もよいとされています。

(3)日光から目を守る
強い光、とくに太陽光の中の青い光が網膜に当たると、網膜に有毒物質が溜まりやすくなります。サングラスやつば付の帽子で目を守りましょう。サングラスは紫外線と青色光をカットするタイプを使ってください。

 

印刷用のPDFはこちら

 
このサイトについて 個人情報保護方針 個人情報の開示について お問い合わせ