一般財団法人岐阜健康管理センター
わかりやすく健診をナビゲート 施設案内をご覧いただけます 財団概要をご覧いただけます 求人案内をご覧いただけます リンク集をご覧いただけます
トップページに移動します 健康コラムをご覧いただけます 診療棟・診療時間のご案内 政府管掌健康保険のご案内 健康診断のご案内 人間ドックのご案内 婦人科検診のご案内 特定健診・特定保健指導のご案内
 HOME > 健康コラム

歯周病について

印刷用のPDFはこちら

あなたの歯は健康ですか?
今回は、歯周病についてお話します。歯周病は歯を失う原因になるだけでなく、命に関わる病気を引き起こす一因にもなります。
ご自身の歯は健康か、一度考えてみましょう。


歯周病とは

歯は歯茎(歯肉)、歯根膜、骨(歯槽骨)などの歯周組織により支えられており、歯周病というのは、歯を支えている歯茎、結合組織、骨に起こる炎症を主要症状とする病気で、口の中の細菌による混合感染と考えられています。
口の中が正しく清掃されないと、口の中の細菌が食べかすを分解し、歯の表面に膜(バイオフィルム)状のプラーク(歯垢)を形成します。歯周病とはこのプラークが歯を支持している組織(歯肉・セメント質・歯根膜・歯槽骨)に炎症を起こし、徐々に進行し、歯肉付着部が崩壊しやがては歯の喪失に至る病気です。プラーク中の細菌の産生する酸は虫歯の原因にもなります。プラークは唾液中のカルシウムなどを取り込み、硬い歯石になります。歯石の上にはプラークが付着しやすく、歯石も歯周病の原因になります。


歯周病の症状

歯周病は、歯肉(歯茎)が腫れる、出血するなどが主な症状となっていますが、初期段階では自覚症状がほとんどない。そのため、水面下で症状が進行し、気付いた時点ではすでに中期以降の症状となっているケースが多い。
表面上は何ともないように見えても、実際には、日本人の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。歯周病は、悪化すると最悪の場合、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気なので、早期発見、早期治療が基本となります。以上の事から特に口腔トラブルを抱えていなくても、定期的に歯科を受診し、歯周病のチェックをしてもらうのがベストといえます。


歯周病のチェック方法

 □ 歯磨き時、血や膿が出る
 □ 歯茎の腫れ、変色
 □ 口臭がする
 □ 口の中がねばつく
 □ 硬いものを噛むと痛む
 □ 歯がグラつく
 □ 歯が長くなったような気がする
 □ 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間ができた

上記のような症状がひとつでもある人は歯周病かもしれません。
歯科の受診をお勧めします。


歯周病と全身疾患

最近歯周病と深刻な健康障害の研究で口腔細菌が血液内に入り込み体内をめぐることが明らかになってきました。歯周病は、心臓疾患、糖尿病の悪化、肺炎やその他の呼吸器疾患、脳卒中、さらに早産など深刻な全身疾患を引き起こす危険因子が高いことが、近年の研究結果で報告されています。

糖尿病

糖尿病で血糖コントロールが不良な人や糖尿病の罹患期間が長い人は、歯周病の発症率が高く、糖尿病は歯周病を悪化させます。一方で、歯周病の治療を行うと糖尿病の血糖コントロールが改善するという報告が見られ、歯周病と糖尿病は双方で影響しあっています。

狭心症・心筋梗塞

歯周病菌は冠動脈に作用を及ぼし、血管壁が増殖、あるいは血小板が凝集して血栓をつくり、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患の原因になります。

早産・低出生体重児

歯周病は早産・低出生体重児を出産するリスクが高いと言われています。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下するのに伴い、それらの骨代謝機能が破綻しておきます。骨粗しょう症があると歯周病が悪化しやすくなります。

誤嚥性肺炎

健康な人ではなりませんが、高齢者では発生頻度は死亡率も高い疾患です。口腔内の細菌が唾液に混入し、肺に吸引されて増殖することが誤嚥性肺炎の原因です。脳血管障害があったり、寝たきりの状態では、嚥下や咳の反射が低下しており、唾液の誤嚥が起きて肺炎になりやすいのです。


たばこ(喫煙)の影響

歯周病はタバコ病のひとつといわれています。
歯肉(歯茎)は加齢とともに衰えていく傾向がありますが、喫煙習慣のある人は、喫煙しない人に比べて歯肉の老化現象に注意が必要です。
つまり、非喫煙者より歯周病による被害を受けやすいと言うことなのです。では、なぜ喫煙は歯周病の原因となるのでしょうか。

喫煙が歯周病の原因となる理由

  原因
タール 歯周病の原因となる歯垢や歯石がつきやすくなる。
ニコチン 血管収縮作用があり、歯肉の血管を収縮させて血行を悪くさせる。歯肉の血行が悪くなると、歯周病菌に対する抵抗力が低下する。
白血球 体内の悪い細菌を退治する作用がある白血球は、タバコを吸うことにより機能が著しく低下する。
ビタミンC

タバコを吸うと老化のもととなる活性酵素が発生し、この活性酵素を除去するために、体内では大量のビタミンCが消費されます。

ビタミンCはたんぱく質の合成に深くかかわっている成分で、ビタミンCが欠乏すると、歯肉にある繊維芽細胞を形成しているコラーゲンの合成がうまくいかず、繊維が破壊された状態に陥る。

 

歯周病予防には禁煙を!!

以上のように、喫煙の習慣は歯周病においても4つものリスクを抱えています。身体の健康だけでなく、歯の健康のためにも禁煙を心がけましょう。

 

歯周病の予防は日々の歯磨きに加え、早期発見・早期治療が基本となります。以上のことから特に口腔内のトラブルを抱えていなくても、定期的に歯科を受診し、歯周病のチェックをしてもらいましょう。

 

 【印刷用のPDFはこちら

歯周病

 
このサイトについて 個人情報保護方針 個人情報の開示について お問い合わせ