糖尿病について

2012.01.01

印刷用のPDFはこちら

1.糖尿病ってどんな病気?

「ブドウ糖」は体を動かすエネルギー源になるものです。血流に乗ってからだの細胞に運ばれ筋肉や臓器で使われます。血糖値とは、血液中にそのブドウ糖がどのくらいあるかを示すものです。
血糖値は、すい臓からでる「インスリン」という、からだで唯一血糖値を下げる作用のあるホルモンによって、ほぼ一定の範囲内に収まるよう調整されています。しかし、インスリンが足りなくなったり上手く作用しなくなることで、血糖値が高い状態(高血糖)が続くことがあります。これが、糖尿病です。

続きを読む »