熱中症予防

2011.07.05

印刷用のPDFはこちら

梅雨が過ぎると、暑い夏がやってきます。
昨年は、熱中症死亡災害発生件数47名と過去20年の中で一番多かったと厚生労働省が発表しています。
月別で見ると、7〜8月に被災している方が多いです。
今から熱中症予防対策をしていきましょう。

<熱中症とはどんな症状?>

   軽症  
†度   めまい、失神(立ちくらみ)
筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)、多量の発汗
†度 頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐
倦怠感、虚脱感(体がぐったり)
†度 意識障害、けいれん、手足の運動障害
高体温
   重症  


続きを読む »