財団法人岐阜健康管理センター
わかりやすく健診をナビゲート 施設案内をご覧いただけます 財団概要をご覧いただけます 求人案内をご覧いただけます リンク集をご覧いただけます
トップページに移動します 健康コラムをご覧いただけます 診療棟・診療時間のご案内 政府管掌健康保険のご案内 健康診断のご案内 人間ドックのご案内 婦人科検診のご案内 特定健診・特定保健指導のご案内
 HOME > 健康コラム

熱中症とは・・・

熱中症とは、体の中と外の「あつさ」によって引き起こされる、様々な体の不調です。
暑い環境で起こるというだけでなく、スポーッや活動中においては、体内の筋肉から大量の熱を発生することや、脱水などの影響により、寒いとされる環境発生しうるものです。

<熱中症の症状>
 軽 症・・・・四肢や腹筋などに痛みを伴った痩挙、数秒間程度の失神

 中等度・・・・めまい感、疲労感、虚脱感、頭重感顧痛)、失神、吐き気、咽吐などいくつかの症状が重なって起こる → ほっておくと重症の状態になります

 重 症・・・・意識障害、おかしな言動や行動、過呼吸、ショック症状などが、中等度の症状に重なって起こる → 迅速に処置しなければ死に繋がります

 



 

<熱中症の予防>
 1.熱中症を知って防ごう
 2.熱いときは無理して運動しない
 3.急な暑さは要注意
 4.失った水と塩分を取り戻そう
 5.薄着ルックでさわやかに
 6.体調不慮は事故のもと
 7.あわてず、素早い救急処置を

 水分だけとっても吸収スピードがあまり良くないため、吸収を促す塩分を摂ります。
 それに加え運動時の工ネルギー補給のため、糖分も摂ります。
 水分+塩分+糖分=スポーツドリンクが最適となります.
 乾いたなと思う前に水分を摂る習慣を付けましよう.

 


 

<熱中症の応急手当>
 休  息・・・まずは安静にする。衣類を緩める、必要時は冷却しやすいよう脱がせる。
 冷  却・・・涼しい場所に移す。必要に応じて冷却を行う。
 水分補給・・・意識がはっきりしているときに限り水分補給を行う。
         意識障害や吐き気があるときは医療機関での輸液が必要となります。

重症度が高いほど迅速に医療機関へと連れていってください。
そして、軽症であっても必ず医師の診察を受けるようにしてください。

熱中症チェック!休養取れていますか?

Check
1. 家に仕事を持ち帰ることがある
2. 飲んで深夜に帰宅することがある
3. 入浴はカラスの行水である
4. 寝る前に食事をすることがある
5. 就寝時間がまちまちで24時過ぎになる
6. 布団、枕や寝巻きには無頓着だ
 7. 休日は家にこもっていることが多い
8. 休日は昼間まで寝ていることがある
9. 夢中になっている趣味はない
10. 運動らしい運動はしていない
 
チェック結果
0〜3コ
 基本的に規則正しい生活で休養も取れているようです。
 このスタイルを崩さないよう努力しましょう。
4〜7コ
 ちょっと疲れていませんか?
 生活の乱れから心にも身体にも疲労がたまってきているようです。
 当てはまる項目を見直して、少しずつ改善する努力をしましょう。
8〜10コ
 かなり疲労が蓄積していませんか?
 このままでは体力も低下し、ストレスで大きなダメージを受けてしまいそうです。
 少しまとまった休養をとり、心身をリフレッシュさせ、生活全体を見直してみましょう。
 心身への影響がでている自覚がある方は産業医または保健師までご相談下さい。

 
このサイトについて 個人情報保護方針 個人情報の開示について お問い合わせ